スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2014年10月28日

僕は外に出歩

2014/10/26、姪が面会にきてくれた。100均で「ミッキーマウスのストラップ」を買ってきてくれたので感激したのはいうまでもない。ストラップをUSBメモリにつけてもらってcellmax 團購、「ありがとう」といった。もちろん僕が姪に頼んで買ってきてもらったのだから感謝するのは当たり前である。

僕は外に出歩けないので、いつもネットで買い物をするけどストラップなら100均で間に合う。いちいちAmazon.co.jpで品定めするよりも姪に買ってきてもらう方が確かであるcellmax 團購

僕が入院している病院にくるにしても電車代が往復で700円もかかるのだ。結局、姪に500円に負けてもらったけれど、少し申し訳ない気持ちである。まあ、情けないとはいえ康泰導遊、あくまでも僕と姪で決めた話なので気にはしないでおく。

最近、姪が優しくなったので気軽にメールや会話ができるので康泰導遊、昔のことを思えば雲泥の差。2週間に1回程度、面会にきてくれるので、姪の面会が楽しみで仕方がないのである。  


Posted by Pir at 18:26Comments(0)life

2014年10月23日

このところ

今日は体のメンテに京都にあん摩。

このところ、161号線から山中越えをして京都に入っていたのですが、今日は久しぶりに朽木周りで行きました。

朽木から大津へ向かう山々は錦繍序章という感じで美しかったです康泰自由行

朽木大野の桜が美しい場所では桜の紅葉が見られました。
夕暮れ時だったので、色濃く感じました。

桜の紅葉で、美しいものを見たことがありません。
明るい日の下で見たらどうかはわかりませんが、雨けむる薄暮の桜の紅葉に、思わず「わっ」とコトバがもれました。
運転中ですので、ほんの数秒見ただけなんですけどね。

京都ではいつも行く「華麗屋」さんで今日はカツカレーを食べました。

いつもはチキンカレー500円を選ぶのですが兒童書桌、昨夜見たTV火曜サプライズでカツカレーを食べている場面があり、ものすごく食べたい!と思ったのです。

サクサクで美味しかったです。今日は700円。

華麗屋さんのHPはありませんが、食べログで口コミが読めます。

開店当初から値段を変えておられないそうで、お腹をすかせた学生さんにガッツリ食べさせてあげたいという頑固親父?の一徹なんだそうですが、このせちがらい世の中でジャンボチキンカツの定食が500円です中一派位。サラダと味噌汁と小鉢がついていたと思います。

私は食べきれませんのでタッパ持参で残りを持ち帰ることもありました。最近はカレーが多いです。
他にも定食がありますが、いずれも量が半端じゃないです。消費税が上がっても、お値段据え置き。
お金がない若い方にがっつりという心意気に、なぜか感謝したくなります。

場所は京都市北区紫野宮東町 堀川紫明を東に入った南側で、スーパーの2階にあります。
お腹をすかせた学生さん康泰導遊、近所なら行ってみてください(^^)

私はほぼ月一でかれこれ10年くらい通っています。

ではまた明日
読んでいただいてありがとうございました。  


Posted by Pir at 11:25Comments(0)life

2014年10月14日

そのユリの名前は

母の一周忌の法要をする。
ネットで手配した白ユリの花が、すでに霊前に供えられていた。
ユリの香りが懐かしい。
父が行商をしていたころ、どこからか白いユリを持ち帰ってくることがあった。花を飾ることなど滅多にないわが家であったので、白いユリの大きな花は、不自然に豪華であった康泰導遊。特有の強い香りが家じゅうに充満し、よその家になったみたいで落ち着かなかったものだ。

そのユリの名前は、土地では箱根ユリと呼ばれているものだった。江戸時代の参勤交代の折に、箱根から持ち帰ったものが、土地の野山に自生するようになったらしい。
田舎の道を自転車を押しながら、父はどんな思いで白いユリに手を伸ばしたのだろうか。
いまは父も母も写真の人になって、何も語らない。

妹たちが用意してくれた昼食を済ますと如新集團、大阪から同行したぼくの一族はドライブに出かけた。大人3人と大学生が2人、それに中学生がひとりの6人。
道端や野のあちこちにコスモスが満開だ。その花に導かれるように、高原の花公園に立ち寄る。広い敷地は、どこを見ても花ばかりだ。花の名前はわからないが、それぞれの花が色鮮やかな絨毯のように野を染めていた。

かつては何もない草原だったところだ。
高校生だったぼくらは自転車でやってきた如新香港。ひたすら登りばかりの坂道で、自転車はこぐよりも押すほうが多かった。
大きな岩に3人の名前をそれぞれ石で刻んだ。その場所も、いまでは花に埋まってわからない。夢ばかりを追っていた、遠い日の夢のようだ。
東京で学生生活をおくるソラカラちゃんが、花のなかを泳ぎながら一人ではしゃいでいる。その歓声が、花の色とみんなの心をいっそう明るくした。

コスモスの花が揺れている。かすかな風がそよいでいる。
この地で、父も母も風になった。そんな父と母の、風のように軽い骨の一部を、大阪の寺に納めるためにはこぶ。
できることなら、この花野に風のように放てないものかnuskin 香港。そんな思いが、ふと脳裏をかすめる。そして吹き過ぎる風のように、ひととき花々に溺れてすっかり忘れる。
それもまた、花野の夢のようだった。  


Posted by Pir at 12:21Comments(0)nu skin 如新life

2014年10月08日

この大和魂という言葉は

「大和魂」という言葉の文書上の初出は『源氏物語』だという。
その当時の大国であった中国の文化や学問などを総称して「漢才」と呼び、
その対となる言葉として「大和魂」をあてていたようだ。

この大和魂という言葉は、『源氏物語』以降、何度か流行を繰り返した歴史を持っている。
江戸時代の国学者である本居宣長も康泰領隊、そういった言葉の信奉者。
明治に入ってからは、さらにその言葉が聞かれることになる。
『吾輩は猫である』の中にも、
「大和魂」という言葉が流行語のようになったことを、
皮肉を込めて、
夏目漱石は、「三角なものが大和魂なのか、四角なものが大和魂か。
大和魂は、名前の示す如く魂である。魂であるから常にフラフラしている。」
と表現している。
この本が書かれた当時、日露戦争が日本の勝ちで終わった時期で、
街中が「大和魂」で浮かれているような時代だったことも読み取れる。

それ以降、終戦に至るまで康泰領隊
この「大和魂」という言葉がいろいろなところで使われていた。
ダイエーの創業者中内功氏は、砲兵隊として過ごしていたときに、
「我々には大砲などがありません」「そんな砲の不足は大和魂で補え!」
と上官から言われたという。
何かにつけ精神主義的なニュアンスを込めて使われていたようだ。

そんな風に使われたことの反動があり、戦後は、ほとんど聞かれなくなった。
終戦後、ただ一度だけ流行したことがある新加坡旅行
それは、1967年にプロボクシングで世界王者となったハンマーパンチの異名を取る
日系人3世の藤 猛(ふじ たけし)が勝利したとき。
彼は、片言の日本語で、「オカヤマのバアちゃん見てる?」という言葉とともに、
「ヤマトダマシイ」という言葉を語った。
それが、大いに日本人視聴者を喜ばせたりしたcellmax 團購
その後、勝ち抜いたときにインタビューには必ず「ヤマトダマシイ」という言葉を使っていた。

ただ、この藤猛、ノリ良く、常に「オカヤマのバアちゃん見てる?」と言っていたが、
そのバアちゃん、
実際は、「ハワイで、藤猛と一緒に暮らしていた」?!
  


Posted by Pir at 11:56Comments(0)life康泰導遊

2014年10月03日

そうとも言えない

”時代考証” というものがある。
映画やテレビの時代劇では、その時代に即した言葉遣いや名称、生活習慣などが、
史実に照らし合わせて適正かどうかを検証するもの。

歴史ドラマには、必ず行なわなければならないというわけではなく、
史実を完全に無視した時代劇もあるが康泰領隊
大河ドラマなど、本格的な歴史物は
最低限その時代に即しているか否かの検証はして欲しいところだ。

いわゆる『歴史書』と呼ばれるものも、
客観的歴史的事実に基づいて書かれているかと言えば、
そうとも言えない。
かの中国の歴史書『春秋』は、孔子が筆をふるったと言われるが、
さぞや完全な史実に基づいているものという感じがするが、
そこには、孔子が考える正邪の考え方が底に流れていて、
その価値判断を組み込みながら書かれている康泰旅行團
この歴史的事実に対して意図的に書かれていることを
『春秋の筆法』という。


日本の新聞や報道機関は、以前から事実を客観的、
第三者的に報道するというより康泰旅行團
一つのフィルターをくぐった上で報道されていると言われてきていた。
いわば、意図が組み込まれているという。

今回、朝日新聞の報道姿勢が問題となったが、
つまるところ、『春秋の筆法』康泰領隊

『朝日の筆法』といったところだろうか。  


Posted by Pir at 11:51Comments(0)life康泰導遊

2014年09月04日

夢と言えば

夢の中では、どれほど荒唐無稽な出来事が起こっても、
すべてを受け入れてしまう。
何度も同じような夢を見ることがある。
そんな夢のときは、決まって自分は全く別人になっていて、
現実とは似ても似つかない人間を家族と呼び康泰導遊
全く知らない人間と違和感なく友人関係が出来上がっていたりする。
不思議なものばかりが詰まったような夢が
何のために存在するのかは解明されていないが、
哺乳動物はおろか、小動物に至るまで、眠りの中では必ず夢を見ているという。

夢と言えば、ロシアの小説家・チェーホフの手記に、
「現実だと思っていたことが実は夢で、夢の方が現実なのだといったような、
そんな夢を見た」ということを書いている。
それは、まるで中国の『荘子』「胡蝶の夢」のような話でもある康泰導遊

「夢」は、人間にとって身近ではあるが、理解し難い不可知な存在と言える。
そんな「夢」と並んで、人間にとって不可知なものと言えば「死」。
これは、おそらく誰も体験したことがないもの。
世の中には、死の疑似体験をしたという人もいるが、
厳密にいえば、それが本当の死であるかどうかはわからない。
そんな「死」について、
古代ギリシャの哲学者エピクロスが語っている言葉に
『死は、妄想に過ぎない』というのがある。
この論拠が、ちょっと面白い。
簡単に紹介すると、
「人間は、死んではじめて死を味わうことになるから、
生きている人間にとって「死」というものは存在しない。
また、死ぬと知覚を失うことになるから、
死んだ人間にとって「死」を知ることが出来ない同珍王賜豪
すなわち、人間にとってどこまで行っても「死」は存在しないことになる」
というもの。
「死」というものに誰も出合うことはないのだから、死など恐れることなく、
大いに楽しもうではないか、ということらしい。

かのチェーホフの最期の言葉は同珍王賜豪
ドイツ語で"ich sterbe"(私は死ぬ)」という現在形の言葉。

最後は、シャンパンで終わったそうだ。
  


Posted by Pir at 11:38Comments(0)康泰導遊

2014年08月28日

そこで

ある方から、

「大嫌いな人がいて、見ず知らずなのに、ついついブログを見に行ってしまう。
これは、好きなのか、嫌いなのか、なんなのでしょう?」
という問題提示、テーマを頂戴した。

(その節は、コメント、ありがとうございました)

そこで、スローは考えたcellmax 團購

わたしも大っっっっ嫌いな人がいて、その嫌いぶりは、虫唾が走るほどで、
寒イボぶちぶち、鳥肌ぶつぶつもの。
ただし、わたしとはまったく接点のない、アカの他人。

なぜ、こうも、こんなにこの人が嫌いなのだろう・・・と自己分析をした。

要は、わたしを投影しているようだ。

わたしが、自分自身でとても嫌いな部分、それを無意識に押し殺して隠しているのに、
堂々と、お天道様の下で、誇らしげに表現されているのが、カンにさわるのだ。
無意識で眠っていた、自分の嫌いな部分が、その人の行動、動作、発言、発信によって、
たたき起こされた。喚起された。

その人が、へんに発信しなければ、わたしは自分の嫌な部分を一生自覚しなくても済んだかも知れないのに。

それと、途中までは同じなのだが、ちょっと負けている部分がある。
手が届きそうで届かない。
いっそ、まったく手が届かなければ、遠い存在で憧れるのだろうけれど、なにぶん、途中まで同じコース。
ふん、なにさ。
憧れだなんて、思いたくない。ヤッカミ。
これが入ると、私情抜きでcellmax 團購、正確に物事を客観視できない、悪役スパイス効果が出る。


というわけで、いつもいつも、じつは、わたしはその人の日記を読みに行く。
怖いものみたさ。
今回はどれぐらいアイデア満載、手が込み、改良され、
ますます怖さが増した、お化け屋敷なのかと、期待いっぱい。

お化けに拍車がかかっていることだろう、と、失神、失禁用の準備までして(うそです)
リニューアルお化け屋敷に、勇んで入場していく、
そんな気分だ。

自分の毒をよく知っていれば、そんなお化けは怖くない。
だが、まだ自分の毒との付き合いが浅いと、自分毒にやられるから、注意が必要だ。

自意識過剰うっとり型の、その自称・大女優・女史は、大嫌いではあるが、
じつに人間らしい。

わたしは、もっと生理的にも信条的にも、思考傾向も価値観としても、受け付けない嫌いなタイプがあり、
そういうところには、全く行かない。
人生において、わたしには必要のないものであり、回避する。
ブレーカーを落とし、回線自体を撤去するcellmax 團購

が、自分の無意識下にもある、気になる、怖いもの見たさの大嫌いなものは、
訪れて、自分のアクや悪、嫌いなものと対峙する。
SMにも通じる、痛すぎて気持ちいいほどの「嫌悪ぶり」に触れることによって、
日ごろの、まったり凪平和モードから、一瞬、刺激を受ける。
ただ、それだけだ。

ああ、まだやってる、この人。あ~、嫌いやわ~。

それなら見に行かなければいいのだが、行くところが、まだわたしは若いという証拠だ。
やっぱり大嫌いなのだが、自分にもそういうところがあるから、過激に反応するのだろう。
ということは、わたしは、うっとり自意識過剰タイプなのか?

・・・思い当たる節がある。
が、理性と羞恥心で、抑え込んでいるのだろう。
抑え込んでいることすら自覚がない、無意識なのだ。

「人の振り見てわが振り直せ」と、昔の人は良いことを言う。
気づきを与えてくれるcellmax 團購

嫌いだってなんだって、いい。
自分が目指したいことの道を照らしてくれるのに、一役買ってくれている。
いわゆる反面教師。

なので、「嫌いなのに気になるのは、嫌いなのか、好きなのか」、と問われれば、
「大嫌いです」と答える。

  


Posted by Pir at 18:29Comments(0)life團購

2014年08月25日

私の音感だと

私の音感だと、「ソム湾」。今、日本語訳を調べてみたら、「ソンム」となっていた。「1」としたわけは、まとまった記事にしようと思ったのである。いや、ひとつの「小説に」と同珍王賜豪

ブログが「文学」であっても、なんの、差し障りもない。今、私が拝読している、たった三人のブロガーさんの記事を、不在中のそれを、すべて拝読。その方々の筆力、文学能力に王賜豪、あらためて感服した。長期に渡り、お付き合い頂いている「姉さん」の記事、その裏表逆転している文章力に、あらためて感服したし、隣国の先輩、その筆力、ニューモアに圧倒されたし、日常を詩に昇華させる名手の久々の更新記事に、うんうんと頷いた。久保の兄貴が不在。男性陣として「ブロぐる文学振興会」を守るのである。本当に、このお三方の文章力に圧倒された。これが「無料」で読める。「隣国情報」を読める同珍王賜豪。「日本の祭りの残像」を感じられる。ブログのパワーは・・・、半端ではないと思う。ならば、文学で構わない。

と、ソンム湾の馬、羊、魚屋・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・を見ながら、考えた。で、ブログではなく、それをCellmax 科妍美肌再生中心、私のブログ欄で「小説化」しようと思った。  


Posted by Pir at 12:41Comments(0)life同珍王賜豪

2014年08月18日

変な先読みをすると

今の時代、一歩先ゆくアイデアやひらめきが求められている。

製品など、先んじて開発しなければただのモノマネということになってしまう。
そのため、様々な分野で、先を読む力が試されている。
と言って香港如新
変な先読みをすると、笑い話になってしまう。

サトウ サンペイ氏が描いた『フジ三太郎』は、
主人公が万年ヒラ社員という設定の4コマ漫画。
26年間、新聞紙上に掲載されていた。
そんな中の一つに「先を読んだ」と、おぼしき4コマ漫画があった。
それを簡単に紹介すると、
「フジ三太郎は、ビアガーデンに行き、気持ち良さそうにビールを飲んでいる。
ところが、ビールを飲んでは、あわててトイレに駆け込む。
(ビールには利尿作用があるため、たしかに、そうなってしまう。)
だんだんトイレに行く頻度が高くなっていく。
そこで、ついにビールジョッキを持ってトイレに駆け込み、
「これの方が早い」と香港如新
便器にそのままビールを流してしまうというオチ。
「どうせ、尿になるんだから、こうしたほうが早い」
ということなんだろう。


そのような「過ぎた先読み」を感じさせるような製品がアディダスから
新発売となった。

アディダスZX 750 マッドモデル如新集團

真っ白なスニーカーの下の部分にべったりと焦げ茶色の泥のデザインが施されている。

「どうせ、汚れてしまうんだから、こうしたほうが早い」
ということらしいCellmax 科妍美肌再生中心

この先読み商品、ヒットを飛ばすか?というところだが、

ヒットはわからないが、泥だけは気軽に飛ばすことは出来そうだ。  


Posted by Pir at 16:52Comments(0)nu skin 如新life

2014年08月07日

東北の旅は

東北の旅は、とっくに終わっている。
だが、このブログでの旅はやっと終わろうとしている。だいぶ旅の余韻を引っぱってしまった。その間に梅雨も上がり、はや猛暑の夏がはじまって、いまは蝉しぐれの雨に襲われている康泰導遊
旅は楽しいものでもあるが心細いものでもあった。だがら旅は道連れと、小さな道連れを二人つれ帰ってきた。
顔も体も不細工だが、なかなか根性がある。転んでも倒れてもしゃんと起き上がる。会津の起きあがり小法師だった。小憎らしいといえば小憎らしい。羨ましいといえば羨ましい。転んだらなかなか起き上がれないぼくは、毎日こいつを転がしては起き上がり方を学んでいる。と、それは嘘。ただ旅の余韻を楽しんでいるだけだ康泰導遊

今回の旅は、水と光の旅だったかもしれない。
雨の中の中尊寺光堂。水浸しの暗い森の奥で、それはひときわ眩く光り輝いていた。閉じ込められた黄金の日々を想う。大きな光の塊りは、大いなる夢の跡でもあった康泰導遊
水辺に立つ豊満な女体の裸像と、水をたっぷりと溜め込んだ十和田湖の膨らみが、記憶のなかで豊かにダブっている。溢れ出した水は奥入瀬渓流の澄んだ流れとなって、岩に砕け散った水は光の粒となって輝いていた。
いつか火山の噴火で沼となった水は、四季の光を映して妖しく色を変える。そんな水の変容をすこしだけ覗きみることができた。
旅する川の終着点は海だった。海は島々によって作られたのか、島々は海によって作られたのか。そんな想像も飲み込んでしまうほど、水の旅は果てもなくただ広がっていった。

いまは、とにかく暑い。もはや水一滴の歌詩達郵輪、涼しさの言葉も湧き出してはこない。
35℃の灼熱に閉じ込められて、ただ寝転がって小法師を眺めているうち、白昼の夢路に迷い込んでいく。
水が恋しい、海が恋しい。  


Posted by Pir at 17:11Comments(0)life康泰導遊