2014年10月03日

そうとも言えない

”時代考証” というものがある。
映画やテレビの時代劇では、その時代に即した言葉遣いや名称、生活習慣などが、
史実に照らし合わせて適正かどうかを検証するもの。

歴史ドラマには、必ず行なわなければならないというわけではなく、
史実を完全に無視した時代劇もあるが康泰領隊
大河ドラマなど、本格的な歴史物は
最低限その時代に即しているか否かの検証はして欲しいところだ。

いわゆる『歴史書』と呼ばれるものも、
客観的歴史的事実に基づいて書かれているかと言えば、
そうとも言えない。
かの中国の歴史書『春秋』は、孔子が筆をふるったと言われるが、
さぞや完全な史実に基づいているものという感じがするが、
そこには、孔子が考える正邪の考え方が底に流れていて、
その価値判断を組み込みながら書かれている康泰旅行團
この歴史的事実に対して意図的に書かれていることを
『春秋の筆法』という。


日本の新聞や報道機関は、以前から事実を客観的、
第三者的に報道するというより康泰旅行團
一つのフィルターをくぐった上で報道されていると言われてきていた。
いわば、意図が組み込まれているという。

今回、朝日新聞の報道姿勢が問題となったが、
つまるところ、『春秋の筆法』康泰領隊

『朝日の筆法』といったところだろうか。


同じカテゴリー(life)の記事
 お金にも日々感謝しよう (2015-05-19 18:10)
 感謝與你的相識,相知,相惜 (2015-04-09 12:31)
 コナン・ドイルは (2015-02-16 12:29)
 奇蹟って案外 (2015-02-10 17:33)
 五十代前半 (2015-01-19 18:08)
 見るコツもある (2014-12-10 11:51)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
そうとも言えない
    コメント(0)