スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2015年05月19日

お金にも日々感謝しよう


お財布が汚れていませんか。
お財布が汚れていたり、くたびれている時は、
自分のお金回りがよくない証拠。

お金を大切にしようという気落ちが欠け、
きちんと向き合えていないということ。
お金は暮らしを営む上で、大切なツール。

その大切なツールが汚れていたり、
くたびれたままにしておきながら、
自分のお金回りの悪さを嘆くのは本末転倒。

お財布は大切なツールをしまっておく場所なのだから、
いつも清潔に整理整頓し、
手入れをしてあげることが大切。

お金にも日々感謝しよう。
感謝の気持ちがあれば、
自然とお財布も手入れしたくなるはず。

今日も「エノキポスト」に来てくれて、
本当にありがとうございます。
ごく平凡な人間として、 日々の暮らしをきちんと。

*記載のエッセイなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます*

◎エノキポスト編集長からのご挨拶
今日も数あるブログの中よりご訪問いただき、本当にありがとうございます。
本ブログを主宰するエノキポスト編集長の「榎木みつる」と申します。
本ブログを通じて、少しでも皆さんのお役に立てられれば、本当にうれしく思います。

◎エノキポストのコンテンツ|今日の黒鉛筆とは
エノキポスト編集長が日々の暮らしの中で、感じたことや考えたことをコツコツ更新するエッセイみたいなもの。ちょっと肩の力を抜いて、リラックスしながら、日々ご閲覧頂ければ幸いです。

◎エノキポスト編集長の近著
≪心地いい暮らしを創るための100円で買える電子文庫シリーズ≫
発売以来、毎月地味に売れ続けているロングセラー書籍です。テクニック的なことではなく、「考え方」に重点をおいたシンプルで簡単な心地いい暮らしに役立つノウハウ本シリーズです。サラッと30分位で読める文量で、今後も続々と刊行予定。  


Posted by Pir at 18:10Comments(0)life

2015年05月05日

這又是否是生命的意義呢

生命是什麼,生命只是命運擺在實驗臺上的小白鼠,明明知道自己的命運已註定卻還在掙扎著,在一個又一個的實驗後總以為會獲得自由,可最終還是被關進了籠子裡準備下一次的實驗。

我們在塵世中掙扎著,可是一次又一次的掙扎之後留給我們的又是什麼,留下的只是命運無言的諷刺。

(一)

海風怒吼著,貌似有千般怒萬般怨,nu skin 如新偶爾還能看到一兩隻魚在海水中掙扎,咦,這麼大的海浪怎麼還能看到魚?

哦,原來它在掙扎,好像要跳出那個牢籠似的海,只是它又是否知道離開海水的魚又能活多久呢?海浪還是無情的怒吼著,魚兒一次次被捲進海裡,又一次次躍起,那離開海的畫面真美,只是它改變不了風的方向,慢慢被海水吞噬,卷向了遠方。

也許時間過了很久很久,海岸的盡頭仿佛還有一條魚在掙扎,我仿佛聽見了它在呼喚,它告訴只是想看看岸的另一邊有著怎樣的風景?只是它始終改變不了風的方向。

(二)

入眼是一望無際的黃沙,這裡是生命的禁區,nuskin 如新可是偶爾也還能看到些許綠色零星的點綴著這片世界,它們在陽光下貪婪的呼吸著。

忽然狂風大作,遮天蔽日,一路高歌,收割著一個個存在的生靈,在它的世界中不允許有生機出現,聽著它歡快的歌聲遠去,我沉默了!

不知過了多久風停了,黃昏的陽光不甘寂寞的灑向了這片壓抑的世界,好像在炫耀著這是它的傑作,又好像也在努力的為這個世界留下它最後一點燦爛,目光隨著陽光前進,compass college 好唔好一望無際的盡頭看不到一點的生機,一路上看到的只是風沙過後的平靜與安寧,只是我不知道在這片黃沙的深處還有無數生命在掙扎,它們深深地把根埋在地下,軀體卻已支離破碎,被風肆掠過後平靜的沙灘也許是它再生的地方,只是它改變不了這片世界獨有的旋律。

我一直在想人為什麼活著?可是越是想知道答案越是不明白人為什麼活著,也許正因為我們不知道為什麼活著才有活著的意義,其實我們就是那條魚,一直在掙扎著,卻最終還是會隨著時間的洪流遠去;我們也是那黃沙中的生命,雖然在風沙中支離破碎,但是我們卻把跟紮在了地下,compass college 好唔好在一次次被風肆掠中成為永恆!

這又是否是生命的意義呢?
  


Posted by Pir at 15:30Comments(0)nu skin 如新

2015年04月23日

生命的綠意在暢想中無限地伸展開

秋窗外,青草莎莎作響,楓葉翩躚而落,秋蟲歡歌鳴唱,流螢閃亮登場,桂香撲鼻漫庭,燕鵲披著晚霞、朝露擦窗而過。月掛夜空,月朦朧、鳥朦朧,月兒狡黠的望著窗前的人兒,旁邊的星星們正竊竊私語……

推窗而望,晚風,曾璧山中學忽然將一顆手捂笑靨的楊柳樹吹入我眼簾。我望她,婀娜多姿,輕歌曼舞,楚楚動人。她望我,手舞足蹈,顧盼生憐,眸眸有神。她嘴角含著笑意,散逸的長髮突然甩起抖落,掛現弧形,甩出許多調皮的小雨珠,尋覓方位,紛紛滾躺在香香、軟軟的青草懷抱裡,清澈、輕盈、活潑、晶瑩、璀璨,亮著星星般的眼睛……

一隻憨厚的老黃牛在月色的光暈中悠閒自在地行走,一路咀嚼著泥土的芬芳和香草的甘甜。他忽然回首問天,雲深水寒,夢裡遙相逢,天際間飄灑而來的思念和懷想潤濕了他的面寵,曾璧山中學潮汐般湧動、波濤般滾燙的情懷倒騰心房,生命的綠意在暢想中無限地伸展開……

窗外,雨打芭蕉滴答作響,喚醒了我對音波旋律的記憶。心魂被悄悄捲進江南雨巷、大漠飛歌、朝花夕拾、荷塘月色、天光雲影、小橋流水、聖域千川、長城萬里的一幅幅畫境長卷裡……

塵緣若夢,流年似水。聽李琛唱的一曲《窗外》,靜靜走進《窗外》的過往背景,曾璧山中學感受著天涯遊子對青蔥歲月\昨日重現的美好記憶,對美、對理想、對友誼、對愛情的嚮往。為了追求,願用心、用愛付出自己的艱辛。仿佛融入相聚的歡悅,離別的悵惘,分開的牽念、相思兩地的無奈境遇中。

穿越時空凝固的月華之光,我仿佛看見千年的白衣詩仙李白,撫須、振眉、揚扇、拂袖,踏波一路吟誦:曾璧山中學垂楊拂綠水,搖豔東風年。花明玉關雪,葉暖金窗煙……
  


Posted by Pir at 18:16Comments(0)

2015年04月15日

音樂依然,彌漫,蕩漾

冷月清影,
沒有星星做伴的夜,
徒留下一片憂靜的夢。
歲月蹉跎了誰的容顏,
我依然在尋找Dream beauty pro 黑店
那份久違的純真。
在漫長的旅途中,
不經意間,
卻遺失了你的微笑。
許是我貪婪,
只想夢中能有你的身影,
輾轉反側夜難眠,
剪不斷理還亂!
朦朧的背影,
千般思緒化心愁,
呼嘯而過的晚風,
訴說著無言的別離。
夜未央Dream beauty pro 黑店
執筆染星辰,
只為照亮曾經的路。
漫漫長夜裡,
只因夢醒的太早,
似水流年,
無聲又無息,
花落了幾時,
只留下昨日芬芳。
驀然回首,
夢還是一樣,
為你等在夜未央,
不知風寒……
我靜靜地聆聽,
子時在嗚咽康泰旅遊
莫名的心就痛了,
花謝了,終還會開。
古老的歌謠,
還會被輕輕唱起。
可過去的那些日子,
是否還會回來?
夜,
沉澱著一切康泰旅遊
最終將所有歸於平淡。
時間緩緩流淌,
城市在蘇醒,
音樂依然,彌漫,蕩漾……
  


Posted by Pir at 12:36Comments(0)diary

2015年04月09日

感謝與你的相識,相知,相惜

等,一個春暖花開,等一個嬌欲醉,花映舞衣,逶迤而飄,快要落盡的“梅”去了,窈窈窕窕“桃花”回;等一個青楊柳慢慢歸來“語不飛”,初春綠野繁花似錦萬木春,月圓星稠,韶華靜好。與你惜一場春暖花開的嫣然怒放,與你惜一路 相隨的溫馨唯美。.......題記。

等一寧靜溫婉,一縷安然於心,nu skin 如新不再是清冷孤寂。等,人生需要等的太多,卻不把等看成可怕的事情,等,一首心田裡的詩韻,潤色潤香清麗而恬淡。

似水流年,“則為你如花美眷,似水流年,是答兒閑尋遍,在幽閨自憐”等,是如此美好伴著些許的憂傷,等待花兒開, 綠葉成蔭-溫暖的是心,等遠方的人兒,雁歸來,等,將似水流年裡的每一個唯美與悲涼畫面盡收,閱盡世間的美好和憂愁。

等,為誰一抹微笑,一點顰顰眉彎在喜,幸福和愉悅映影於眼簾。奢望,與你用一個耕田人所具有的詩情,搭起茅屋,用素筆描繪未來,暢想前景,蕩滌飄煙嫋嫋的渾濁,走向心與心的約定。這裡,金錢不值一文,身無分文也會用愛的柔情洗去憔悴和不寧洗去芸芸紛爭。

等只是等待一朵花開般的輕盈,一卷心語,朵朵合歡,和韻天地,紅塵陌上,相約與你,淺淺如歌,用心呵護,不會改變人生路漫漫征程,千年的輪回,在歷史的長河裡只是一瞬間,領悟依稀幾千年的古人的智慧才情,他們的音容笑貌,仿佛就在昨日,人的生命也只是一朵花開花落的短暫,等就更應該珍惜,莫要輕浮的隨意放棄,康泰失去了不會再回來。

等一份相遇,相知,相惜,等一個前生今世的緣分。風風雨雨的邂逅,對等的認識更加凝重,是歲月姍姍裡不可缺少的風景,對等的看法不同,就有了不同的選擇,等,是歲月素箋裡豐盈的一筆,等來春色滿園,等“春風春雨花經眼,江北江南水拍天”......黃庭堅。是你最傾心的選擇無怨無悔的等下去。等你,在似水流年;等你,在浮華曼舞的罅隙。

誰也不能逃避人生必要的經歷的等,由少年不諳世事等待長大,由書生意氣等待成熟,成名,成功。等春意滿園洞房花燭夜,金榜題名時。由青蔥歲月的懵懂,遇到心怡的青梅竹馬,傾城青澀的等,盼來信,盼來電,只怨相聚太少,離散居多,等一個天長地久,等一個地老天荒,縱然沒有了期許,沒有了想像中的美滿,也不懊悔下去。

等待一個不會是渺茫,等一個是希望中的希望,等一個轉身回頭,不會覺得等的太久,也沒有獨自忍受這種難耐的苦悶的感覺。

傾生用最大的耐力和承受力來等,人生不知道需要多少時間用來等,不管用多少時間來成就這等待,即使花兒謝了又開,燕子飛去又來,也不會放棄等,而生命恰恰是由寶貴的時間構成,等是如此珍貴難尋。所以,有的人能夠忍受分離而經不起等待,等得太久,等不下去,寧可做一個負心人,不再等下去,分離是一種選擇。或者,姍姍來遲,絕不心急,如新香港總是讓別人等待他。

等錯了的時候與等對了的時候都很多,等錯了是一種歷練,你會變成凋零飄散的落花,再也回不到最初的美,無從打撈的歲月裡你與他的曾經從指縫間溜走,那一刻,你的心碎了,潰不成軍,卻只能爬起來,繼續向前。

等對了,釋然的心,沒了那份憂鬱和黯然,在人生的注腳裡,把這份幸福融入生命,流淌在心脈之間,似水流年,一縷花香,一路安暖,終於等來剛剛好的幸福。當歲月的痕跡刻在了臉上,風霜雪雨的皺紋爬上了額頭,回憶這傾盡一生的等待,終於等來了不悔的柔情幸福,在記憶的書箋裡有你等的執著不倦,有那輕柔的筆在落花的香痕上寫下的幾行暖暖的文字,寫下傾國傾城的相思,寫下那暈開的淺淺記憶,與你還原到如初的相約美麗,等,似水流年,等一個春暖花開。曾璧山中學感謝有你的日子,感謝與你的相識,相知,相惜。
  


Posted by Pir at 12:31Comments(0)life

2015年03月30日

只因你是我無法觸及的心殤

默數過往,回憶宛如一條舊巷,寂寥而又幽長。每一個轉角,都是百轉情腸,錯過了誰的倩影?獨自彷徨,落步譜寫殘章,攤開手中的歲月,在繁華深處,邂逅了一抹斜陽,匆匆的一揮衣袖,compass college 認受性拖著傷感的足跡向前,幾處燈火闌珊?不去思量,遺忘了古色古香,沾染了莫名的憂傷。

輕鋪光陰如箋,拾一支流雲廋筆,尋一盞韶華入墨,把情愫寫滿。覓一處久違的浪漫,誰願附耳倚肩,吟這最美的詩篇,傾訴纏綿?任日月如何輪轉,都緊握這段眷戀,多年以後,定會記得,那些牽手的畫面。怎堪後來,我於黃昏渡口,跌進了回憶的漩渦,遺失了你 最美的容顏,把夙願全都系掛雲尖,獨留自己靜守孤單。

飲罷三千惆悵,一曲離殤何人可知?任憑相思染紙,曾璧山中學放縱的情愫無法控制。不曾怕靜守一方夜色,依靠窗前獨自吟唱,只唯恐拂袖太遲,淚落濕透了歲月。尋你於記憶深處,可曾記得相逢的那日?你朱唇貝齒,桃花泛面顰笑,一襲白衣翩然走來,等待的懷抱早已為你敞開。不知何時開始,擁抱已然變得脆弱,茫茫人海無處相識。不求來世,已是天涯,奈何咫尺。

歲月輾轉難眠,嫋嫋思念,劃過寧靜的天空。輕點燭火,婆娑了一簾幽夢。攬一方月色朦朧,幻化為窗外的海棠,邂逅了一夜清風,凝結在晨曦裡的淚露,冰冷了誰的面容?接滴滴落寞攤放掌心,曾璧山中學傾聽回憶在腦海裡湧動。不去情愫源頭盼重逢,獨自於樹下靜守,默數往事零落遍地飛紅。

容我深歎,與前世驀然擦肩,錯過了誰最美的容顏?我於望川河畔,尋望三百餘年?始終看不到誰駕一葉扁舟,匆匆的駛來與我邂逅。拾起被光陰遺忘的石塊,一次次丟落湖中,泛起的漣漪,勾勒了一幅唯美的畫面。當風輕吻了一個個水圈,我告訴自己,倘若這便是姻緣,誰把我無情的囚禁?倘若這是我多年的期盼,那它又為何如此短暫?目光輾轉黃昏,追憶寫滿雲箋,欲寄一隻失群的孤雁,然而羽翼太短,帶不走我沉重的夙願。

許我捧一束枯萎的蓮蓬,緊握微涼,曾經的韶華嫣然不在,誰用深邃的眸仔細端詳?烏黑的脈絡暗含著絲絲憂鬱,不想回憶你曾經飽滿的身姿,在寧靜的國度裡不減綽約。然而一種莫名的失落,如新nuskin產品不知何時在我心中激蕩,淺問過往,是誰無情的摧殘了你,剝下一粒粒年輕的承諾?遺落了微風柔語中的清香,於無情歲月裡千瘡百孔,我不再去紅塵裡四處尋望,只因你是我無法觸及的心殤。
  


Posted by Pir at 15:44Comments(0)記事

2015年03月17日

伴你緩緩前行!

淡淡,行走陌上。

始終,懷一顆從容心,

看一朵花的開落,compass college 認受性看一片雲的去留。

人生走過,便無需後悔。

暫且,將一襲盛放的夢,擱置在前行的路上。

安然,將一懷惆悵,塵封在逝去的光陰裡。

用十二分的虔誠,compass college 啟示書院將相伴的過往雕刻成永遠。

原諒舊時光裡的我。

走出了繁華,卻留在了依舊。

紅塵紛擾,時光如梭。

總有一些懂得,百轉千回;

總有一些情深,萬水千山。

當有一天驀然發現鏡中的自己變了模樣,

也不必訝異。

一直就知道,香港酒店管理學院時光的沙漏,我們誰也無法逃離。

生命裡,總會有一些人,靜靜地來,淡淡的去。

此刻,惟願,時光,永如初見。

歲月留下的點點滴滴,讓我們學會了感悟。

用無悔,勾勒一副生命的丹青。

記住該記住的,給回眸一份澄澈的蔚藍。

用真誠,吟一闋歲月的靜好。

放棄該放棄的,成長桌讓心回到最初的素白。

茫茫人海,過客匆匆。

我用一朵花開落的時間,靜候相遇。

愛著,是一種幸福;

痛著,是一種感悟。

那麼,就讓那些漸行漸遠的過往,

演繹成堅強,來成全生命的恒久。

靜默著,流年,清歡。

婉約著,低眉,淺笑。

安然於,一抹淡定。

煮一壺思念,以文字為憑,以淡墨為證。

縱使天涯海角,

一眸相遇,一生不忘!

那些,淡淡縈懷的溫暖。

那些,不經意想起的笑臉。

我從容著,優雅安放。

相信,走入心底的那些風景,

那些回憶,那些深念。

即使白髮蒼蒼,也無法忘記。

流年,錦瑟!

若可,許我在未來的路上,

拈一份淡淡禪意。

在凡塵的煙火裡。

講一些禪話,聽一些禪音,

做一些禪事,用一些禪心。

讓生命在虔誠裡寂靜,安然!

若過盡千帆,你還在。

我便,我便用禪意的圓滿。

書一卷素心淡雅,摹一幅水墨清韻。

於陌上流年裡攜一縷陽光,伴你緩緩前行!
  


Posted by Pir at 16:44Comments(0)記事

2015年03月09日

我不想淚浸滿眼眶才哭

我看見窗外站著的你,只隔著一層玻璃,你看著我沉默,你傷害了一個人,要逃跑嗎,我舉起了槍,砰,一聲。你再轉身離開的那一刻留下了悲傷的我,誰都沒有告訴過我,TMD,康泰自由行這玻璃防彈,

窗外的世界,很安靜,看見人在打架,吵聲應該很激烈,但我聽不見,只看見兩個人耳紅,脖子粗,窗外的世界那麼嘈雜,卻對我來說竟是無聲。

每天都會在我在的地方,成長桌隔著一層玻璃擺弄頭髮,整理整理衣服,這玻璃是透明的,你不知道嗎?我看著你發笑後,你離開。天天如此,第三年的時候,你在玻璃上畫了一個心,後面跟著一行字,我喜歡你。原來你一隻知道玻璃內的我看得見,故事就是這樣。我們在一起了,卻不知道隔著的玻璃一直存在,不在世界的人即使深愛又能怎樣。每個世界都那麼大,我們挨著卻奈何不了現實,我已就隔著玻璃看窗外的世界,而你在窗外換了別人的手,在窗上的誓言和霜一樣溶化,誓言那麼不可信嗎,我望著天空,天空是個什麼表情,統一派位終不過是下雨天,雲不再流浪。

是因為愛才恨的嗎,愛消散了,恨還在,我囚禁了自己,卻不知何時釋放,玻璃經不起震盪,哪怕它防彈,我用力用力地打,手流血了,玻璃一點裂紋都沒有,而心只不過晃蕩了一下,裂紋由一條變成了無數條,窗外的世界隨著玻璃的有裂紋而有裂紋,心不想在搖晃了,玻璃碎了自己可以看到這真是的世界,可自己不知道,康泰領隊心若在搖晃會不會和玻璃同碎。

心若搖晃,會和玻璃同碎嗎,我已經忘了,我生活在水裡看不見水的存在,我不想淚浸滿眼眶才哭。
  


Posted by Pir at 11:55Comments(0)diary

2015年02月16日

コナン・ドイルは

どう考えても、これが「妥当」であると考えられるものを支持して、
それ以外の考え方を排除される傾向がある。
たとえば、一つの社会問題などが発生したときに、
テレビに出てくる評論家などは、その問題に対して、
おしなべて、それが「妥当」だろうということを紹介する。
変な考え方を示す評論家もいるが、たいてい「正論」だと思われる考え方が示され、
番組を終わる、というところだろう激光脫毛

『名探偵シャーロックホームズ』のストーリーの構成は、
補佐役となるジョン・H・ワトスンが事件の状況証拠を探り、
一つの推理を語り、それをシャーロックホームズが天才的な推理を働かせて
奥に潜むナゾを明らかにするという形をとっている。
映画化されたりドラマ化された「シャーロックホームズ」の場合、
このワトスンを愚か者に描いている場合があるが、
原作者のコナン・ドイルは、むしろ知的な紳士として描いている。
ワトスンの考え方は、(本業が医師らしく) 状況証拠をこまかく検証し、
誰が見ても正論だと考えられるところから、推論していくが間違っていて、
シャーロックホームズが一枚上手で、違う角度から見事にナゾを解く、ということになる。

コナン・ドイルは、『シャーロックホームズの冒険』の中(「ボスコム渓谷の惨劇」)で、
してやったりと思わせる文章を書いている升降桌。それを紹介すると、
「状況証拠というやつ、すこぶる油断のならないものでね。
疑いなく、ある一つの点を指していると思えるときがある。
ところがね、一歩退いてほんのすこしちがう見地から見なおすと、
まったく同じ確実さでもって、全然別の方向を指しているようにも思えてくるのだ」とある。

最近は、フランスの経済学者トマ・ピケティ氏が大人気だ升降桌
著書『21世紀の資本』は、世界各国で翻訳され、今や時代の寵児になっている。
彼の説明は、「資本収益率」は「経済成長率」よりも大きい。
それによって富の集中が起こることを、明らかなデータをもって示した。
この資本をいかにすべきか、というところ電動桌
彼が示したデータは正しいと言える。まさに彼の考え方は「正論」ということになる。
これを見て、聡明なるワトスンならば、諸手を上げてこれを受け入れるに違いない。

ただ、シャーロック・ホームズならば、これをどう解くだろうか?
  


Posted by Pir at 12:29Comments(0)life

2015年02月10日

奇蹟って案外

「わたしはオウムを理解しない」河上和雄さま
今朝のニュースで、河上和雄様の訃報がされていました。
心からご冥福をお祈り申しあげます。テレビや新聞や本など
著書で知りありがたい。爽やかに厳しく温かに感じられ尊敬
してました。これもまた、私にはよき出会いでありました。

中村天風師の言葉如新集團
人間五十五億の中で、一生に何人の人と出会えるか
考えてみても、他人とともに居ることは、これまた感謝
の対象になろう。千年さかのぼってみると、あなたの
両親、各々の両親とたどっていくと、五兆人を超える
という。いまここに生きることじたい奇蹟ではないか。
ありがたいことだ。

あなたへのメッセージ
当たり前が奇蹟なんだね

ほんとうだよね如新集團
あたりまえのなかに
多くの奇蹟的なことがある
過去も未来も現在もね


奇蹟って案外
自分にはないなんてね思う
だけど深く思い深く考えると
わからないもんだわ

-------------------------------
「好き嫌いで決めろ」
河上和雄著より

私はオウムを理解しないcellmax 團購

95~96年に世間を揺るがせた大事件にオウム真理教があります。私も
コメンテーターとして関連のテレビ番組などに出演しました。なぜ多くの若者
が、しかもある程度の教育を受けた若者がオウム真理教に魅かれたのか。
何年も経った今、私はこう考えます。

信者に共通していたのは「神秘体験」を経験したということ、それから超
能力に対する強い憧れでした。

彼らは物質文明の極めて発達した豊かな時代に、経済力が唯一の価値基
準という社会のなかで育ってきました。若者はえてして経済力をもたないもの
です、その価値基準に当然不満をもつでしょう。経済力が仮にあったとしても
そもそも人間はそれだけでは救われないものです。彼らが受けてきた教育は
経済力に価値を置くアメリカ的価値観に基ずいたものですが、やはり根底に
は日本人の伝統的価値観がある。そのギャップを感じていたのでしょうnu skin 如新

とりわけ超能力や神秘体験を売り物にする宗教なら、なおのこと不満のは
け口として魅力的だったに違いありません。彼らが一様にに言う「神秘体験」
も、その気持ちがあるからこそ何でもないことを神秘体験と思いこんだに過ぎな
いのです。超能力を身につけば特別な人間になれる。人生を支配できると思う
のは、経済力さえあればいいという従来の功利的な価値基準と同質です。  


Posted by Pir at 17:33Comments(0)life